001

みなさんこんばんは2001Yです。
以前より、当ブログ『Mac・iOSの小技』をご支持いただきありがとうございました。
そして、今後ともよろしくお願いいたします。
少し(かなり)間が空いてしまい申し訳ありませんでした。
新年度、私事ではありますが5/1にヴァイオリンの発表会を控えていまして、プログラム作成や、ヴァイオリンの練習等々、私的な用事で忙しくなってしまって、ブログ投稿ができませんでした。

そして何よりも、MacBookAirを購入するためいろいろなことを調べていました。
以前より、MacBookAirが欲しいと述べていますが、結局のところMacのノートパソコンならなんでもよかったんですよねw
MacBook・MacBookAIr・MacBookPro、どれもそれぞれ良い利点を持っています。

MacBook

Macノートパソコン最新機種です。
超軽量で、賛否両論の激しい『USB-C』が採用され、USBポート・充電口・SDポートなどなど、すべてが『USB - C』になりポートが一つになりました。

画面は、Retinaディスプレイを採用し、今までにない薄さを求めました。

また、キーボードに関しては『USB - C』同様、賛否両論激しいですが、今まではボタンを押す感触がありましたが、本体の軽量化に伴い、大幅に改良が行われ、今までのようなボタン感覚がかなり薄れました。
家電量販店「ヤマダ電機」にて触らせていただきましたが、「慣れないとちょっと使いにくいかな〜」といった感じです。
001

MacBookPro

僕の父が2012年モデルを、同じく2012年モデル(バッテリー無し)を弟が使用しています。
2012年モデルを普段触っていたせいかやや重く感じられました。
ですが現在はかなり軽量化され、薄くなっています。

サイズ・メモリ・容量・プロセッサー・画面サイズ全てに関して一番種類が多くカスタマイズ性には優れていそうです。
001

MacBookAir

ついこの前、メモリ4GBが廃止されましたが主要な変更点はなし、4GBの廃止ということで性能としてはEarly 2015で止まっている機体です。
現在、MacProと併用利用しているYouTuberが増えています。

メモリは、8GBに限定、容量は512GBまでとなりRetinaではありあません。
CDポートもありませんし、13インチに関してはSDポートがありますが11インチに関してはSDポートありません。

MacBookが出る以前は最も軽量なMacノートパソコンでした。
Macノートパソコンの中では一番安く初めてのMacとして購入する人が多いです。 
001

今回購入したMacBookAirのスペック

13インチ
125GB
Intel HD Graphics 6000(Intel 7)
8GB 1,600MHz LPDDR3 SDRAM
128GBフラッシュストレージ(PCIeベース)
バックライトキーボード (JIS)
今回は、家での利用に加え部活動でのプログラミングで利用するために購入したため、USBの使用は確実に必要です。
そうすると、MacBookは対象外となります。
MacBookProに関しては2012年モデルのものを見たところありませんでしたが、最新モデルの薄さ・軽さからするとMacBookProでもよかったんです。
ですが、買うなら後日アップグレードできるパーツ以外はフルにしたかったんですよね。
MacBookProでフルにするとかなり高くなってしまうので、やめました。

残りはMacBookAir。
MAcBookAir前からデザインが好きで欲しかったんです。
11インチか13インチ、学校の英語の先生二人が11インチと13インチを持っていたのでよく観察していたら「どちらでもいいなぁ〜」と思ったのですが、皆さんに聞いたら13インチがオススメだったので13インチにしました。
後悔はしてません、でも、新たに買うならMacBookですねw
13インチは使用するにはぴったりのサイズです。ですが、微妙に若干大きいですかねサイズ的に。
11インチでは使用に使用が出そうなので、12インチというところでしょうか。

最後に

MacBookAirを買ってから外出先及び自宅内でも、他の部屋での記事作成が可能になりましたのでできるだけペースを取り戻していきたいと思います。
12インチに関しては、世間で12インチという情報でかなり期待されたMacBookですが、USB Cの採用により、そこまで伸びませんでした。

キーボードはあれを採用しても、USB Cを採用せずに行けばもう少し伸びたと思いますが、そうすると、USBはなし、充電コードのみという状態が起こりうるためAppleは対策をしたのかなと思われます。