5

↑この前のとほぼ同じ様な感じに高画質にしました。このぐらいがいいですね。

さてさて、『脱獄後思った事』シリーズ脱獄とは?やっていきましょうか!ν(>ェ<)bイェイ!!
今回は、脱獄後思った事というのとはちょっと違うかもしれませんが( ・∀・)つ〃∩、なんとなく、このシリーズに追加させていただきます(๑>ᴗ<๑)

《脱獄と入獄》
未脱獄者脱獄者(脱獄犯)という言葉をご存知でしょうか。

未脱獄者(入獄者) : 脱獄をしていない(純正)iOS端末を使用している人。

脱獄者(脱獄犯) : 脱獄をしているiOS端末を使用している人。

ということです。犯や者というのは人のことですからね(#^.^#)
そしたら、本題の脱獄とは入獄のお話です。

脱獄の反対は入獄です。
入獄の反対は脱獄です

そして

入獄=未脱獄

です。つまり、脱獄してない方(基本全員)は未脱獄、すなわち、入獄したiOSを使用しているのです。


《脱獄とは?》

脱獄とは、Appleの定めた安全に使える領域を越してカスタマイズすることができるようになり、それに伴い、危険を受ける。ということです。

具体的に説明ていきます。

Appleが定めた安全に使える領域とは?
簡単に言えば未脱獄者が使用出来ていることはほぼ、これに値します。
・AppStoreからアプリをインストール
・電話をする
・メールをする
・ホーム画面のアプリの配列を変える
・アプリを消す
・音楽を入れる
などなど、基本全てです。
そして、この状態で端末を買ってから一年以内ならば故障時、Appleが無料で交換してくれるサービスがあります。

それに伴い、危険を受けることとは?
・先ほど説明したAppleの保証が基本的に受けられない。
・壊れた際、修理してくれる場所は少ない。
・上2により、故障時は自分で解決しなければならない。
・どこまででもいじれるので、故障する確率が高くなる。

主なアプリを入れる流れ

よく脱獄アプリと呼ばれるものがあります。確かに脱獄アプリもあるのですが多くはツイークと呼ばれるものだったりアドオンだつたりします。しかし、それらをすべて合わせて脱獄アプリと呼ばれることはよくあるので、そこまで考える必要はありません。
(これから本ブログでも合わせて脱獄アプリと言わせていただきます。)

脱獄アプリは、Cydia(シディア)呼ばれる入脱状態でのAppStore(アプリストア)のようなもので、そこから様々な脱獄アプリをインストールします。
そして、Cydia単体では実はアプリはインストールできません。Cydiaの中にはリポジトリと呼ばれるアプリを配布する源があります。しかし、元からBigBossなどの有名どころのリポジトリは入っているのでご安心を。
今までのことを図解いたしますと

Cydia  →  リポジトリ  →脱獄アプリ

と言った感じになります。

⚠️注意⚠
どこでも言われていることなので言いたくありませんが、いをなくてはならないことなので。

脱獄は危険な行為の為、自らの力で解決できる自信がある方のみ行ってください。
また、本ブログは脱獄を推進している訳ではありません、本ブログに関しての故障などは一切責任を取りませんので予めご了承ください。

僕が思うことを言います。

脱獄は危険な行為?

その通り、大変危険な行為です。しかし、それだけ大変な行為のため大変多くのカスタマイズ性を得ることができます。


自らの力で解決できる力を持つ方のみ?

持ってるかじゃないんです。これから持てるかどうかなんです。だから、自信を持っているかよりも調べ続けることの出来る根性があればいいのです。ですが、どこの方も「解決できないなら脱獄するな」という考え方ですので聞いちゃいけないんです。そりゃあ、難しいことや調べても調べても出てこないようなことは聞いてみるしかありませんが、「どうやって脱獄するんですか?」「脱獄したら何ができますか?」などなど、質問することじゃありません。
でも、LINEQでは丁寧にどんなことも教えていますので、ちょっと知りたい。なんて方はLINEQで聞いてみてください。僕が気づけばお答えしますし、優しく教えてくれる方が多いです。あと、LINE@でも、お教えしますので是非友達登録お願いします。

ですが、これは覚えておいてください。「解決できないなら脱獄するな」これが、一般的なんです。そう言われて怒ったりしちゃいけませんし、「ですよね、すいませんでした。」と謝るべきなのです。